EC-CUBE メンテナンス中と表示する

logo



EC-CUBEにはメンテナンスモードがありませんので、
大掛かりな変更を行う際等には、購入が行えないようにする処理を行います。
実装する方法は色々とありますが、私は.htaccessで対応しています。

例(覚書)

以下の2ファイルをwww内に設置

.htaccess
maintenance.html (メンテナンス中の旨を記載した訪問者向けページ)

.htaccessは以下のように記載します。

ErrorDocument 503 \maintenance.html$

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.css$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.js$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.jpg$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.gif$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.png$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.swf$
RewriteCond %{REQUEST_URI} !\maintenance.html$
RewriteCond %{REMOTE_ADDR} !^■■■\.■■■\.■■■\.■■■$
RewriteRule ^(.*) /maintenance.html [R,L]
</IfModule>



■の部分に自身のグローバルIPを書いておく事で、
訪問者にはメンテナンス中と表示し、自分は普通に見える状態にできます。

RewriteCond %{REQUEST_URI} !\.jpg$等の行で、
その拡張子の使用を許可しています。使用しないものは削除しておいて構いません。

302リダイレクトやRewriteでメンテ用のhtmlに飛ばすと、
検索エンジンのクローラにメンテ中のhtmlをインデックスされてしまうようです。



コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。