Adblock Plusのフィルタ設定

abp



特定のサイトの特定のclassやID箇所をブロックする場合、CSSと同様の書き方でブロックします。

自作フィルタグループを作成して追加して使いやすくすれば良いですね。

例えばABPdetectというAdblockを検出して警告を表示してくる場合、

##*.ABPdetect

と記載する事で警告表示をブロック可能です。

更にブロックするサイトを限定する場合は、

example.com##*.ABPdetect

とする事で、汎用的なclassやIDの命名に対しての誤作動防止が可能です。

 

直接URL指定する場合

→そのままURLを書く

http://test.com/ad/banner.gif

 

ワイルドカードを使用

http://test.com/ad/banner*.gif

 

正規表現も出来ますが想定外の挙動に繋がりやすいので取扱注意です。


コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。